脱毛の種類

脱毛の種類としては、毛抜きで行う方法、カミソリで剃る方法、除毛クリームで処理する方法、ワックスで行う方法、フラッシュ方式の脱毛器で行う方法、レーザー方式の脱毛器で行う方法、ニードル方式の脱毛器で行う方法など、7種類ありますが、フラッシュ方式とレーザー方式の脱毛器は、家庭用のものも存在します。

エステサロンではフラッシュ方式の脱毛器を使用して行いますが、これは抑毛効果を高めていく方法ですから、同じ部位を何回も照射するのです。
レーザー方式の脱毛器は、毛根に照射し徐々に毛幹細胞を死滅させていく方法となっています。
ニードル方式の脱毛器では、毛穴に直接ニードル(針)を刺して電流と高周波を利用して毛幹細胞を組織ごと破壊する方法ですから、1回の施術で1生発毛することはありません。
レーザーとニードルによる脱毛は、医療機関であるクリニックでしか行うことはできないのですが、眉や目の周りそれに耳などの部位は視力低下や難聴の原因になりかねない危険が潜んでいますので施術できません。
エステサロンで行うフラッシュ脱毛でも同様の事が言えます。
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では、メラニン色素を感知させる方式を採用していますので、黒い部分は全て反応しますから、ホクロやアザの部位は施術できません。

脱毛は、これら7種類の方法で行いますが、脱毛する部位によって方法は変わるのです。
慎重に脱毛しなければならない部位については、恥じらう気持ちもあると思いますが、失敗しないためにも専門の方にお任せした方が良いと思います。